So-net無料ブログ作成

松任谷由実 / そしてもう一度夢見るだろう [邦楽女性ボーカル]

松任谷由実の09年発売のアルバム。
これは最初はピンと来なかったのですが
アルバム通して「人の一生」を暗喩していたんだと気がついて
ユーミンすげぇぇ!と思ったアルバムでした。
ユーミンがずっと追求してきた死生観というか
"人はどこから来てどこへ行くの"という世界観が
「旅」に喩えて表現されています。
夢を持って生まれてきた子供は
恋をしいろいろな体験を通してつかんだ新しい夢の種を持って
違う世界へ旅立っていくみたいな。
名人技のアルバムだと思います。
音の仕立ては品のある感じで
さすがユーミン真摯なテーマでも
ポップさを忘れていくてとても聴きやすいです。
明るい午前中から聴き進むにしたがって
深い夜へと移り変わるようなサウンドメイキングです。
途中今年残念ながら急逝された加藤和彦さんが
歌とアレンジで参加した「黄色いロールスロイス」も収録されています。
加藤さんはうつ病だったそうですが
励ましの意をこめてユーミン夫妻が
盟友にこの曲をプレゼントしたのかなと
考えるのはうがった見方でしょうか?
そう考えるといっそう深いアルバムだと思います。

そしてもう一度夢見るだろう (AND I WILL DREAM AGAIN.)

そしてもう一度夢見るだろう (AND I WILL DREAM AGAIN.)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: EMIミュージックジャパン
  • 発売日: 2009/04/08
  • メディア: CD

nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 1

mirai

はじめまして
ユーミンで探してたどり着きました
なんか正当な記事に思わずコメントしてしまいました。
ユーミンのアルバムの良さがしっかりと表現されたアルバムですよね。
僕の中では、メガヒットアルバムです。
次回のアルバムが更に期待させてくれるアルバムでした。

by mirai (2009-11-24 17:25) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。