So-net無料ブログ作成

SHEENA EASTON / A Private Heaven [洋楽女性ボーカル]

シーナ・イーストンの84年のアルバム。
このアルバムを知ったのは偶然で、
80年代に夜中何気なく隣の県のNHK-FMにチャンネルを合わせてみたら
なんか音楽が流れていて
ノイズ混じりの中なんとなく聴いていたらかかったのがこのアルバムに入っている
「Back In The City」という曲でした。
夏の夜風が吹いてくるようなルーズでファンキーなミディアム曲で
一発で気に入ったんですが、
DJもいなくて音楽がただ流れているという電波調整?のためのような番組だったので
誰の何のアルバムに入っているのかよくわからず、
シーナ・イーストン自体もMTV番組なんかで名前はよく知っていましたが
次の『Do You』というアルバムをたまたま輸入盤LPで買ってたという程度だったので、
声も特にピンとこず悶々としてたのですが、
それからしばらく時間が経って
中古でこのCDを何気なく買ってみたら
この曲が入っていてあっと思ったのでした。
アルバムはシングル・ヒット中心のシーナのアルバムとしてはかなりヒットしたようで
プラチナム・アルバムとなっています。
全体的にマーケットを意識したアップ・トゥ・デイトな曲が中心で
リー・リトナーやスティーブ・ルカサーなど
LA系のメジャーなミュージシャンが曲を提供しています。
本人出演と共に日本の宝酒造のCM曲にも起用された
パーカッシブなサウンドが印象的な「Strut」や、
プリンスが初めてメジャー・アーティストに提供した「Sugar Walls」などが
チャートを賑わわせています。
活動拠点を前作あたりから本格的にアメリカに移動させて
それなりの成果を収めたアルバムといったところでしょうか。
日本ではやはり宝酒造のCM曲となった「Hungry Eyes」もヒットしています。
00年にボーナス・トラック入りのリマスタ盤がリリースされていますが、
残念ながら自分は買い逃してしまいました・・・。

Private Heaven

Private Heaven

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: One Way Records
  • 発売日: 2000/05/08
  • メディア: CD

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。