So-net無料ブログ作成

LISA FISCHER / So Intense [洋楽女性ボーカル]

リサ・フィッシャーのデビュー・アルバム。というか今のところ唯一のアルバムのようです。
ネットで調べてみたらXenaという名前で活動した後の再デビューらしいです。
ルーサー・バンドロスなどのバックアップ・ボーカリストとして活動した後
91年にそのルーサーらのバックアップを得てこのアルバムを発表しています。
彼女の存在は以前からかなり知られていたようで大変に期待されてのデビューだったようで
1stシングルとなったナラダ・マイケル・ウォルデンの手による
傑作バラード「How Can I Ease The Pain」で
R&BチャートNo.1のみならずグラミー賞の最優秀R&B女性パフォーマンスまで手にしています。
日本盤のバージョンでは冒頭に「ごめんなさい、愛しています」という日本語のセリフが入っていて
日本でも好意的に受け入れられたように記憶しています。
情感豊か且つパワフルな歌唱はタイトルのSo Intense=熱情的をよく表していて
特にプロデューサーとしてのナラダの手腕が光ります。
ルーサーのプロデュース曲はなんか無表情に歌わせているような感じがして
ちょっと好きになれませんでしたが。
バック・ボーカリストとしての声を尊重したんでしょうか?
それとは対照的にナラダはむわっとくる女臭さとかパッションとか
彼女のキャラクターを上手く引き出していて、
この頃弟子のウォルター・アファナシエフに逃げられたばかりか
彼の手がけるマライアが大旋風を巻き起こしていて
プロデューサーとして窮地に陥ったように見られていたところだったので
「How Can ...」の大成功は彼にとっても会心の一魂ヒットではなかったかと思います。
プロデュースには他にアリフ・マーディンやアタラ・ゼイン・ジャイルズなどが参加しています。
次回作が期待されましたが、
どういう心境の変化かそれともメジャーで活躍するのはこの一枚だけと決めていたのか
バック・アップ・ボーカリストに戻ってしまいました。
自分もずっと次のアルバムを待っていたんですが。
この後はローリング・スドーンズのツアーに参加して大評判だったのを覚えています。
他ナラダのソロ・アルバムで歌ったりJTが主催した企画コンサートに参加したり
ちらほら姿を確認できたんですが今ではどうしているのか・・。
是非また気が変わったらアルバムをリリースしてほしいなと思います。
ちなみに収録されている、ルーサーの手による7分半にも及ぶ大作「Wildflower」は
デビッド・フォスターのバンド、スカイラーク時代のミリオン・ヒットのカバーです。
「悲しい色やね」に似てますね。

 

So Intense

So Intense

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Elektra / Wea
  • 発売日: 1991/04/24
  • メディア: CD

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。