So-net無料ブログ作成
検索選択

JENNIFER LOPEZ / J-Lo [洋楽女性ボーカル]

ジェニファー・ロペスの2ndアルバム。01年発売。
前作の大成功を受けてリリースされたアルバムで
プロモーションにも力を入れていたように思います。
次世代のアイコンかともてはやされ、
ゴシップも沢山報道されていて、
特にマライアとの確執(正確にはSONYの当時の社長トミー・モトーラとのですが)で
盛り上がっていたように記憶しています。
収録曲の「I'm Real」のサンプリング・ネタ(YMOの「Firecracker」)が、
SONYを出ていったマライアの移籍第一弾シングル「Loverboy」で使う予定だったのが
リークされてマライアがショックのあまり精神病院に入院しただの
本当かどうかよくわかりませんがとにかく
SONYの看板がマライアから書き換わった印象を受けました。
でもこのアルバムは発売当時は1位になったものの売上は前作よりも伸び悩み、
結局ジェニファーも"一枚屋"かと揶揄されていたようにも記憶しています。
しかし シングルはプロモーションの効果もあってか順当にヒットして
特にリミックスというかリメイクと言ったほうがいいようなくらい大胆に作り替えた
4thシングル「I'm Real (Murder Remix)」が爆発的に受けて、
結局新装版なども発売されこのアルバムは彼女最大のヒットアルバムとなっています。
アルバムの内容はポップR&Bとラテンのミクスチュアのようなサウンドで、
かなりヒット・ポテンシャルの高いもので
力を入れて製作されたのが伺える内容でした。
前半にヒット指数の高い曲を詰め込み、
後半はミディアム中心のラテンで聴かせるといった感じです。
プロデューサーには前作の名曲「Waiting For You」で手腕を振るっていた
リック・ウェイクや元彼のショーン・パフィ・コムズなども登板していますが、
あまり派手な有名プロデューサーに委託するより
フレッシュな人材を投入して"新しさ"をアピールして作られているように思います。
ジェニファー自身も積極的に曲作りに参加しています。
個人的に彼女のアルバムの中では一番ハマって聴いたアルバムでした。
前述の通り「I'm Real (Murder Remix)」が起死回生の特大ホームランになったせいで
この後はヒップホップに傾倒していく彼女ですが
自分としてはこのままラテン・ポップ・アイコンとして続けて欲しかった。
最もそれだととっくにシーンから消えてしまっていたかも知れませんが、
それほどこのアルバムは好きなアルバムでした。
アルバムの中で若干アングラな異彩を放っている2ndシングルのR&B曲「Play」では
クリスティーナ・ミリアンが作曲に参加していました。

J.LO

J.LO

  • アーティスト: ジェニファー・ロペス,ショーン・コムズ,ロドニー・ジェーキンス,マニー・ベニート,デーモン・シャープ,コリー・ルーニー,キップ・コリンズ,カンダイス・ラブ,マリオ・ウィナンズ,トロイ・オリバー
  • 出版社/メーカー: ソニーレコード
  • 発売日: 2001/01/24
  • メディア: CD

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。