So-net無料ブログ作成
検索選択
洋楽男性ボーカル ブログトップ

MICHAEL BOLTON / Time, Love & Tenderness [洋楽男性ボーカル]

マイケル・ボルトンの91年のアルバム。
ハードロック系のシンガーソングライターとして活動してきたボルトンが
ブルー・アイド・ソウル系シンガーとして転身後
大ヒットした前作を受けて発表したアルバムです。
プロデュースにSONYのお抱えプロデューサーとして
マライア・キャリーなどで大成功したウォルター・アファナシエフを迎えて制作され、
600万枚のメガヒットを記録したアルバムです。
ボルトンに関しては前作からの全米No,1ヒット「How I Supporsed To Live Without You」で
良い曲だなと思っていただけの存在でしたが、
当時ウォルター・アファナシエフのプロデュース作を集めていた一環で
思い切って買ってみたというアルバムでした。
アファナシエフのドラマティックなサウンドと凛としたさわやかなメロディーが相まって
お気に入りの1枚となりました。夏の朝なんかに合う雰囲気でしょうか?
よく粘るボーカルのせいか、セクシー・ダンディ"後家殺し"的なイメージ戦略に
ちょっと恥ずかしさも覚えましたがよく聴いていました。
個人的にはなんとなく風貌から当時大活躍していた
ケビン・コスナーとイメージが混同してしまうんですが、
観た事はないのですが俳優として映画にも出ているようです。
ただこのアルバムはやっぱりアファナシエフのプロデュース作というイメージが強く、
デビッド・フォスターやロバート・ジョン・マット・ラングを迎えて制作した次作は
なんとなく馴染めないままラックにしまってしまったので
やっぱり自分はアファナシエフのファンだったんだなと思ってしまったんですが。
1stシングルの「Love Is A Wonderful Thing」は
マライアの「All I Want For Christmas Is You 恋人たちのクリスマス」でもフル発揮していた
アファナシエフのオールディーズへの愛が感じられるソウル・ナンバーでしたが、
アレンジの面で愛が強すぎてアイズレー・ブラザースから訴えられるという
オマケまで付いてしまいました。
ボルトンは毎回オールディーズの名曲をカバーしているのですが、
このアルバムではパーシー・スレッジの
「When A Man Loves A Woman 男が女を愛する時」を取り上げています。
自分がパティ・ラベルを好きになったきっかけにもなったデュエットの
「We're Not Makin' Love Anymore」は
バーブラ・ストライサンドへの提供曲のセルフ・カバーです。
オリジナルはナラダ・マイケル・ウォルデンのプロデュースでしたが、
実質ウォルター・アファナシエフのアレンジだったので
アファナシエフにとってもセルフ・カバーとなります。
青春臭い「Steel Bars」はボブ・ディランとの共作曲です。
これは本人も未だに大切にしている曲のようです。
その他ケニーGをフィーチャーした夏の風にそよがれているようなミディアム
「Missing You Now」なんかが気持ちよくて好きです。

Time Love & Tenderness

Time Love & Tenderness

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

BOBBY BROWN / Bobby [洋楽男性ボーカル]

ボビー・ブラウンの92年の3rdアルバム。
前作のメガヒットの期待を受けて4年ぶりに発表したアルバムでしたが
シングルはヒットしましたがアルバム自体は前作に及ばなかったと記憶しています。
前作ではLAリード&ベイビーフェイスのコンビにとっても出世作となったぐらい
La'Face寄りのアルバムでしたが、
今回はテディ・ライリーが我を張ってメイン・プロデュースを担っています。
確かレーベル側はLa'Faceと半々ぐらいでやって欲しいと言ったところ
テディが前作の最初のヒットは自分の曲だったから
全面的にやらせないならやらないと主張したんだったと思います。
それで結局La'Faceは2曲だけ、残りは全てテディ・ライリーのプロデュースとなっています。
でもシングルで切られたのはLa'Faceの作品だったようですが。
そのLa'Face作の「Humpin' Around」と「Good Enough」は間違いなく名曲、
ベイビーフェイスの脂ののっている感じが表れていると思います。
それとは対照的にテディはベイビーフェイスの向こうを張って
メロディアス路線に挑戦したんだと思いますが、
それが裏目に出てどこか小さくまとまってしまったような。
テディと言えばもっとアグレッシブなサウンドが特徴かなと思っていましたが、
このアルバムはなんか可愛い曲が多くてちょっと拍子抜けしました。
「Til The End Of Time」や「Pretty Little Girl」なんか佳曲という感じですが。
La'Faceとガッツリ組んでいたら双方とも絶頂期だったんだから
もっと凄いアルバムが生み出せたんじゃないかと思うと
少し残念なアルバムのような気がします。
そのせいかどうかアルバムはUSチャートで2位というもうひとつな成績に終わっています。
それでも凄いといえば凄いんですが・・。
今では元ホイットニーのダメ旦那というイメージが定着してしまいましたが、
ここではそのホイットニーとデュエットも披露しています。
でもボーカルは別々に録音したのか
あまり熱々ぶりが伝わってこない微妙な出来なような気もします。
曲はキュートなんですけどね。

 

Bobby

Bobby

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

WHAM! / Fantastic [洋楽男性ボーカル]

ワム!の1stアルバム。83年発表。
若いエネルギーを抑えきれないでいるように(年寄り臭い言い回しですが)
聴いてるだけでこっちまで元気になってくるアルバムで、
未熟ながら曲作りが楽しくてしょうがないという感じが伝わってきます。
タイトでシンプルなサウンド作りはセルフ・プロデュースで
インディーズっぽい雰囲気もあります。
シンセが今聴くと安っぽい感じもしますが
リズムがとにかく活きが良くてじっとしていられなくなるような感じです。
どっかに遊びに行きたくなりますね。
ホーンもカッコいい。
アルバムは全英で初登場1位を記録しています。
最近のジョージ姐さんは私生活含め迷走してるようですが
この頃の曲作りの単純な楽しさとか思い出して欲しいです。
Love Machine」はミラクルズのカバーです。

ファンタスティック

ファンタスティック


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

AL JARREAU / Heaven And Earth [洋楽男性ボーカル]

アル・ジャロウの92年発表のアルバム
アル・ジャロウのアルバムというよりはプロデューサーのナラダ・マイケル・ウォルデンの色が強いように思いますが、見事グラミー賞を獲得しています。
自然のダイナミックさとかそんなイメージが浮かぶアルバムです。
「If I Break」は名曲です。

Heaven and Earth

Heaven and Earth


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

JOHNNY HATES JAZZ / TURN BACK THE CLOCK [洋楽男性ボーカル]

Virginの80年代のグループ、ジョニー・ヘイツ・ジャズの88年発表の1st。
日本盤の発売当時のタイトルは『反(アンチ)ヒーロー宣言』かなんかだったようですが・・。
「Shattered Dream」は全米でもスマッシュヒットしました。
メロウで親しみやすい少しノスタルジックメロディー
ミディアム中心なのでゆったり聴けます。
「Don't Let It End This Way」は
スティングの「Englishman In New York」に似ているような気がするのですが気のせいでしょうか??

Turn Back the Clock

Turn Back the Clock

  • アーティスト: Johnny Hates Jazz
  • 出版社/メーカー: Virgin
  • 発売日: 1992/06/29
  • メディア: CD


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Bruce Hornsby / Greatest Radio Hits [洋楽男性ボーカル]

ブルース・ホーンズビーの03年発売のベスト・アルバム
ザ・レインジ時代からソロとして出したアルバムまでのヒット曲を
リマスタリングしてコンピした作品。
哀愁のあるピアノが鬱気味の時聴くと心に沁みます。
枯れた味わいの声もいいです。
「The Way It Is」のカッコよさ、「Mandolin Rain」の美しさ、
言葉で説明しきれないくらいどちらも名曲です。
ヒューイ・ルイスに提供した「Jacob's Ladder」と、
ドン・ヘンリーに提供した「The End Of The Innocence」は
ライブ・バージョンで収録されています。
「Jacob's Ladder」はポルカ風?のアレンジで洒落っ気がきいています。
こんなきれいな曲を書ける人なんだから
また第一線に復活して欲しいです。

Greatest Radio Hits

Greatest Radio Hits


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽
洋楽男性ボーカル ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。